つわりに鍼灸治療

こんにちは。
神戸市西区、三木市、小野市から多数ご来院いただいています、自律神経失調症・女性特有症状の治療を得意としている神戸市北区西鈴蘭台の鍼灸院、てるてるぼうずです。

最近「つわり」の患者さんが続いています。

つわりの市中感染?

いえいえ。最近の気象条件などが、本来のホルモン変化によっておこるつわり以上のつらさ、症状を引き起こしてしまっている状況なのです。

つらし😢

つわりは早い人では妊娠4週目ぐらいから感じられます。

当院でも不妊治療の後、やっと!陽性反応💖と一緒に喜んだのもつかの間、次の週からつわりに悩まさされる方が多いです。

ピークは8~10週目ぐらいと言われていますが、長くひどい状態が続いてしまう方もいらっしゃいます。

本来のつわりは妊娠直後から出るヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンの分泌量が影響しているともいわれていますが、つわりがひどい人は、そのホルモンのせいだけではないのかもしれないです。

当院では本来のつわりに重なってでている余計な症状を取り除くことでつわりを軽く過ごしてもうえるよう調整を行っています。

例えば元々胃腸が弱い人は吐き気が強いつわり、耳鼻咽喉科系が弱い人は匂いに敏感になったり、肩こりや頭痛がひどい症状として現れたりしています。

もともとあなたの弱いところに症状が強くでているのです。

それら元々弱い場所の調整をしてあがることで今あなたが苦しんでいるつわりがぐんと楽になられますよ。

長く食べられない時期が続くとお腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼしかねません。

マタ二ティライフがどのようなものになるかはそれまでのあなたの身体の状態しだいなのです。

ベストは妊娠を望まれる前からケアするのがおすすめ。

妊活にぜひ鍼灸を!

妊娠前から、そして妊娠中にも安心してお受け頂けます。

「あした天気になあれ」

神戸市北区にある「はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず」院長のひとりごと。
不妊治療・めまい・不眠をはじめとする自律神経失調疾患を得意としています。体のこと、毎日のたわいもないこと、感じたまま書いてます。
http://teruterubouzu2009.blog.fc2.com/