生理前後の尿トラブル

神戸市北区の針灸院てるてるぼうずです。

「私、いつも生理の時にトイレが(おしっこが)近くなるような気がするんです」ある患者さんとの会話です。

この方に限らず、生理の前後、最中に頻尿になる、また尿漏れが起こるなどは女性には結構よく聞くお話です。

この要因としてひとつに女性特有のホルモンが影響しているのでは?と言われています。

女性は排卵時期から黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えますが、この黄体ホルモンは食欲を増進させたりすることはよくダイエットをされる人はご存じだと思いますが、その他に利尿作用も高めたりもするのです。

また妊娠に備え子宮やその周りの筋肉を柔らかくする作用もあるようで、それが原因で近くにある膀胱や尿道も影響を受けて様々な尿トラブルを起こすのだろうと言われています。

またもう一つ考えられるのが、長時間トイレに行くことが出来ずナプキンつけぱなしだったりすると、ちょっとした弱った箇所から雑菌が入りこむ事もあるでしょう。

血尿が出るなどと言った本格的な膀胱炎まではいかなくても軽い炎症が起こっている状態とも想像できます。

どちらにしても実にうっとおしいことです。

そういう不快な思いを軽減するのにおすすめなのが鍼灸治療です。

こつこつ鍼灸は身体全体の免疫を上げあなたの底力からを日ごろから少しづつあげていくことが出来るのです。

そうすることで、小さな炎症ぐらいならすぐに改善する体になっていくのです。

肩こり、腰痛だけではなく鍼灸治療は健康な生活へのお手伝いができるんですよ。

ご相談ください

「あした天気になあれ」

神戸市北区にある「はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず」院長のひとりごと。
不妊治療・めまい・不眠をはじめとする自律神経失調疾患を得意としています。体のこと、毎日のたわいもないこと、感じたまま書いてます。
http://teruterubouzu2009.blog.fc2.com/