鍼治療でてんかん発作軽減

神戸市西区、三木市、小野市から多数ご来院、北区西鈴蘭台の鍼灸院てるてるぼうずです。

本日は「てんかん発作」についてです。

開業以来多くはありませんが数名のてんかん発作をお持ちの方を診させて頂いています。

それらの経験を私の所属する治療研究会に臨床報告として発表、研究会メンバーで討論行った事があります。

個人の治療院だけではそれほど多くない症例ですが、同じ治療法を行っている他治療院さんとの治療経験などを合わせると見えてくるものがあります。

そこで推察できるのが「反応点鍼治療はてんかん発作軽減に効果あり」という事です。

どのように考えるのか?

てんかん発作は脳の神経細胞が「何らかの原因で」突然異常な電気興奮がおこり発生すると考えられています。

さてどんな「何らかの原因」が脳に間違ったスイッチをいれているのか?

間違ったスイッチをいれている箇所はないか丁寧に反応点を探していきます。

そうすると共通して眼、鼻、耳などに反応がでていることが分かりました。

今までにも何度も書いていますが、眼、耳、鼻は自律神経に影響を及ぼす感覚器になります。

それらから間違った信号が送られているのではと想像することが出来ますね。

当院ではてんかん発作の患者さんに眼、鼻、耳などの感覚器の治療を重要視します。

そして結果、皆さんてんかん発作軽減、というよりほとんどの方がほぼなくなっている状態です。

てんかんは完治させることは難しいです。

しかし、いつ発作がおこるか分からないという不安を少しでも減らすことで毎日の生活の質がぐんと高まるようです。

またきついお薬を減薬するお手伝いもできるかもしれません。

副作用のない優しい鍼治療で、身体の負担を減らしていきます。

ご相談ください。

「あした天気になあれ」

神戸市北区にある「はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず」院長のひとりごと。
不妊治療・めまい・不眠をはじめとする自律神経失調疾患を得意としています。体のこと、毎日のたわいもないこと、感じたまま書いてます。
http://teruterubouzu2009.blog.fc2.com/